"心にもっとくつろぎを"
喫茶文化を知ろう~小学校 出張授業~
2020/09/14 \NEW/
残暑が激しい8月の終わり。
コメダスタッフがある小学校にやってきました。


ここで、6年生の総合学習で、名古屋の魅力を調べる授業の一環として、名古屋めしのひとつ、喫茶文化をお伝えすることになったのです。

前日の放課後、教室をのぞいてみると・・・?

どうやら楽しみにしてくれているみたいです。


当日は、約80名の6年生に、名古屋の喫茶文化の歴史や、「大切な人とくつろぐ場所」としての機能、そのためのおもてなしやメニューの工夫などをお伝えしました。


お話を聞いた後は、調理実習。
いまや名古屋めしのひとつとして数えられる「コメダ珈琲店のシロノワール」を実際に作って食べることに。

コロナ対策のため、ひとり1つずつ、ミニシロノワールを作ります。

自社製の、生地を64層に折りたたんだデニッシュパンを、
温めて・・・


ソフトを巻きます。
上手にできるかな?


チェリーを載せて、シロップをかけて・・・

できあがり!

自分で作るシロノワールの味はまた一味違うのではないでしょうか。
喫茶店でくつろぐことをきっかけに名古屋をもっと好きになってくれたら嬉しいです。


==========
コメダでは、"心にもっとくつろぎを"プロジェクトの一環として、小学校での出張授業を行なっています。
内容は、食育、地方創生、持続可能な社会についてなど、相談可能。
学校関係者の方でご希望があればお問い合わせくださいね。
 
ログインしてコメント

この記事へのコメント