利用規約

会員利用規約


第1条(本規約の目的)
本会員利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社コメダ(以下、「コメダ」といいます。)が運営する「さんかく屋根の下」(以下、「本組織」といいます。)上で提供する諸サービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関し、コメダに本サービスの利用を申し込み、コメダがこれを承諾した方(以下、「会員」といいます。)とコメダとの間における権利義務関係を定めることを目的とします。

第2条(本規約の範囲)
本規約は、本組織のウェブサイト「さんかく屋根の下」 (以下、「本サイト」といいます。)を利用する者すべてに適用されるものとします。

第3条(本規約の変更および通知)
1.コメダは、コメダが定める方法により、会員の承諾を得ることなく、本規約を変更することができます。
2.コメダは前項による変更にあたり、本規約を変更する旨および変更後の利用規約の内容をコメダが定める方法により会員に通知するものとします。
3.変更後の利用規約の効力発生日以降に会員が本サービスを利用したときは、会員は、利用規約の変更に同意したものとみなします。

第4条(本組織の目的)
1.本組織は、コメダがマーケティングに活用する目的で実施、運営されます。コメダが運営する本サイトを中心に、会員の募集から各種情報提供ならびに会員からの情報収集を行うことによって進められます。
2.コメダは、会員に対して新サービスの告知、広告配信、サービス運営上の事務連絡、その他情報の提供を行います。ただし、会員が情報の提供を希望しない旨を、事前または事後にコメダ所定の方法で通知した場合は、本サービスの提供に必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとします。

第5条(会員の役割)
1.会員は、本組織の目的達成のために必要な限りにおいて、以下の役割を担うものとします。
(1) コメダが主催する試食会・商品開発等のイベントに負担のない範囲で参加する。
(2) コメダが提供する情報を確認する。 
(3) コメダが実施する広報活動、アンケート調査等に協力する。
(4) 会員同士で交流し、絆を深める。
(5) (1)から(4)を実践することにより、コメダ事業への理解を深め、コメダ愛を育む。
2.会員は、前項に定めた範囲内で、自己の肖像権使用をあらかじめ許諾するものとします。
3.会員は、本条第1項の役割を無償で行うこととし、コメダに対し金銭の請求をしないものとします。

第6条(規約遵守)
会員は本組織に参加するにあたり、本規約を遵守するものとします。

第7条(守秘義務)
1.守秘義務とは、コメダの本組織運営に関するノウハウ等や調査内容をコメダおよび本人以外に一切漏らさない義務、ならびに、本組織の目的以外のいかなる目的にも使用・転用しない義務をいい、会員は、コメダが守秘義務の履行を求めた場合には、その内容につき守秘義務を負うものとします。
2.守秘義務違反の行為があり、それによりコメダが損害を被った場合、コメダは会員資格の剥奪及び本サービス利用の一時停止の有無にかかわらず、被った損害の賠償を請求できるものとします。
3.守秘義務の期限についての具体的な記述がない場合、守秘義務の期限は退会後5年間とします。

第8条(登録)
1.本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、コメダ所定の方法により、登録の申込を行うものとします。
2.登録の申込をした者は、コメダが登録の申込を承諾した時点で会員になります。
3.コメダは登録の申し込みに対し、下記のいずれかに該当する場合には、登録の承諾をしないことがあります。
(1) 登録の申込をした者が実在しない場合
(2) 過去に本規約に違反した事がある場合
(3) 登録内容に虚偽の申告があった場合、個人で複数の会員登録を行なった場合
(4) 本人代理で登録をした場合、本人になりすまして登録をした場合
(5) 本人が現在または過去5年間に暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者またはその構成員(以下、総称して「反社会的勢力」といいます。)、または反社会的勢力に対し便宜を図ることないし利益を供与する地位にあった場合
(6) その他、コメダが会員として不適切と判断した場合
4.登録の承諾にあたり、コメダは会員に対し、その旨をコメダが定める方法により通知するものとし、会員はコメダがその通知を発した時点でその資格を取得するものとします。
5.コメダは承認後であっても、承認した会員が上記のいずれかに該当することが判明した場合は、その承認を取り消すことがあります。
6.会員は登録事項に変更があった場合には、速やかにコメダへ所定の方法で届けるものとします。この届け出がなかったことにより会員が不利益を被った場合でも、コメダは一切の責任を負わないものとします。
7.コメダは、登録を承諾した後は、コメダの定めるところにより、本サービスの機能やツールを、会員の年齢や利用環境等の条件に応じて提供するものとします。
  
第9条(退会)
1.会員が退会を希望する場合には、会員は、コメダ所定の方法により、コメダに退会の申出を行うものとします。
2.コメダが会員に付与する資格は一身専属制のものとし、当該会員が死亡した場合は、その事実を知った時点で、コメダが退会の手続きを取るものとします。
3.コメダは、会員が次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、コメダの判断によって、会員を強制的に退会させて本サービスの利用をお断りすることがあります。 
(1) 第8条第1項の方法によらずに入会の申込を行ったことが明らかとなった場合
(2) 本規約またはその他の利用規約等に違反した場合
(3) その他コメダが不適切と判断した場合
4.退会後、会員の投稿内容は自動的に消去されます。
5.会員は、退会後に個人情報の削除を希望される場合には、個人情報保護方針に従い開示・変更・削除請求をするものとします。

第10条(IDおよび登録メールアドレスならびにパスワードの管理)
1.会員は、登録承認後にコメダから貸与されたID、および自己の登録メールアドレスならびにパスワード(本サービスを利用するに当たって、登録メールアドレスと照合して本人を識別するための文字列をいいます。以下、同じ。)の不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を負うものとします。
2.会員は、自分の管理に属する使用可能なメールアドレスを登録メールアドレスとして登録しなければならず、当該登録メールアドレスが自己の管理に属さなくなったときには、自己の管理に属する使用可能な別のメールアドレスに変更しなければならないものとします。
3.会員としてコメダと電子メールの受発信を行う場合、登録情報と同一のメールアドレスを使用するものとします。
4.登録と異なるメールアドレスにて受発信を行なった場合、当該会員に不利益、損害が発生しても、コメダは一切の責任を負わないものとします。また、コメダからの電子メールの不達により、当該会員に不利益、損害が発生しても、コメダは一切の責任を負わないものとします。

第11条(ポイントプログラム「さんかくポイント」)
1.コメダは、本サイトにおいて会員にポイントを付与することがあり、会員は、ポイントを用いたポイントプログラム(さんかくポイント)に参加することができるものとします。
2.会員は、いかなる場合においてもポイントを換金、譲渡、または共有することはできません。
3.コメダの判断によりポイントをただちに取り消すことが適切であると判断した場合には、会員に事前に告知することなく、会員のポイントの全部または一部を取り消すことがあります。
4.会員が保有するポイントは、会員が退会した場合、退会手続きが終了した時点で全てのポイントが消滅するものとします。

第12条(コンテンツの著作権等)
1.本サイト上で公開されるテキスト、画像、映像、音楽データ、プログラムなど一切のコンテンツの著作権は、コメダ又はデータ提供者に当然に帰属します。
2.会員は、当該著作物を私的使用その他法律によって認められる範囲にかぎり使用できるものとし、それを越えて、使用(複製、送信、頒布、譲渡、翻案等を含む)することはできません。
3.当該著作物を無断で使用することは固くお断りします。
4.本サイトで使用している商標類(ロゴなど)は、商標法、不正競争防止法その他の知的財産権関連法令で保護されています。

第13条(投稿内容の著作権)
1.本サービス内で会員が登録、アップロードした情報(以下、「投稿」といいます。)やアンケート回答内容等の著作物の権利(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む。以下、「著作権」といいます。)は、会員に帰属するものとします。
2.会員は、前項に規定する著作物をコメダが自らの事業のために会員に対価を支払うことなく、非独占的に、期間の限定なく(会員の退会後も含みます。)使用または利用(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を含みます。)できることをあらかじめ許諾するものとします。
3.コメダは、本規約第4条の目的達成に必要な範囲で、会員の投稿内容の一部を要約・抜粋したり、投稿された画像のサイズ変更・切り抜きを行うなど一部改変等する場合があります。
4.会員は、前項に規定する著作物の著作権に係る著作者人格権をコメダおよび第三者に対して行使しないものとします。
  
第14条(会員の禁止行為)
1.会員は本サービス利用にあたり、将来にわたって次に掲げた行為をしてはならないものとします。
(1) 虚偽の登録またはアンケート回答等を行う等、本サービスに関する情報を改ざんする行為
(2) 有害なコンピュータープログラム等を送信または書きこむ行為
(3) コメダ、もしくは他の会員または第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為(商標の出願行為を含みます。)
(4) コメダ、もしくは他の会員または第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、他者への不当な差別を助長し、その他名誉を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為(他のSNSへの拡散を含みます。)
(5) コメダ、他の会員または第三者の財産、プライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(6) コメダ、他の会員または第三者に不利益を与える、または不利益を与えるおそれのある行為
(7) 選挙の事前運動、選挙運動、またはこれらに類似する場合および公職選挙法に抵触する行為
(8) 他の会員の本サービスの利用を妨げる行為
(9) 本サービスにより提供された商品およびサービスなどを販売・転売する行為
(10) 詐欺、規制薬物の濫用、児童売買春、預貯金口座および携帯電話の違法な売買その他の犯罪行為に結びつく、または結びつくおそれのある行為
(11) 公序良俗に反する行為
(12) 法律、条例その他の法令などに違反する行為
(13) 諸団体、外部の営利サイト、運営・参加するHP、SNSサイト等へ誘引する行為
(14) 守秘義務に反する行為
(15) その他、コメダが不適切と判断する行為
2.前条の規定は、会員の退会後も継続するものとする。退会後に違反した場合、コメダは被った損害の賠償を請求できるものとします。
  
第15条(利用環境設備)
1.会員は、本サービスを利用するために必要なあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。
2.会員は自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。
3.コメダは会員の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

第16条(利用料金)
1.登録および基本サービスは無料とします。
2.各種イベント等により別途料金が発生する場合には、利用料金、支払い方法等については各イベントページにて定めるとおりとします。

第17条(個人情報の取扱い)
コメダは、個人情報を、別途定めた個人情報に関する方針に基づき、適切に取り扱うものとします。

第18条(通信の秘密)
1.コメダは、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第4条に基づき、ユーザーの通信の秘密を守ります。
2.コメダは、次の各号に掲げる場合には、当該各号に定める範囲内において前項の守秘義務を負わないものとします。
(1) 刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)または犯罪捜査のための通信傍受に関する法律(平成11年法律第137号)の定めに基づく強制の処分または裁判所の命令が行われた場合 当該処分または裁判所の命令の定める範囲内
(2) 法令に基づく強制的な処分が行われた場合 当該処分または命令の定める範囲内
(3) 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第4条に基づく開示請求の要件が充足されたとコメダが判断した場合 当該開示請求の範囲内
(4) 他人の生命、身体または財産の保護のために必要があるとコメダが判断した場合 他人の生命、身体または財産の保護のために必要な範囲内    
  
第19条(情報の削除)
1.コメダは、会員がプログラム参加し、本サービスを利用して掲示板等に掲載した情報が、コメダの定める期間または量を超えるとコメダが判断した場合、あるいは本サービスの運営、保守管理上の必要性から、または第14条に定める禁止行為に係る情報である場合は、会員への事前の通知、承諾なく情報を削除することができるものとします。
2.前項の措置について、会員はコメダに対して異議を申し立てることはできず、また、コメダは一切の説明責任を負わないものとします。

第20条(利用停止および資格剥奪)
1.コメダは、会員が次のいずれかに該当すると判断した場合は、会員への事前の通知または催告を要せず、本組織・本サービスの利用の一時停止またはその資格を剥奪できるものとします。
(1) 申し込み内容に虚偽があったことが判明した場合
(2) 本規約に違反した場合
2.会員は、コメダが第8条第3項、第9条第3項、第14条、および前項の規定に基づいて行った本規約またはその他の規約等に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできないものとします。
3.会員の行った行為が上記の事項のいずれかに該当し、また会員が故意・重過失により違法なコンテンツを投稿し、当該コンテンツの利用によってコメダが損害を被った場合、コメダはその資格の剥奪ないしは本サービス利用の一時停止の有無に関係なく、被った損害の賠償を請求できるものとします。
 
第21条(責任の制限)
1.コメダは、会員が本サービスの利用により行った一切の行為およびその結果に対し、一切の責任を負わないものとします。
2.会員は、本サービスの利用によって他人の名誉を毀損した場合、プライバシー権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法(昭和45年法律第48号)に違反する行為を行った場合その他他人の権利を侵害した場合には、自己の責任と費用をもって解決し、コメダに損害を与えないものとします。
3.コメダは、会員が本組織または本サービスを利用することにより知り得た情報の正確性、確実性、有用性等につき一切の保証をしないものとします。
4.本サービスを利用することによる一切の損害について、コメダに故意または重過失があった場合を除き、コメダはこれらに起因して会員に生じた損害等に対して責任を負わないものとします。また、コメダが賠償責任を負う場合であっても、これによって直接生じた通常損害に限り賠償責任を負い、それ以上のいかなる責任を負わないものとします。
5.会員は、会員が本サービスを利用して投稿した情報についてコメダに保存義務がないことを認識し、必要な情報については適宜バックアップをとるものとします。
  
第22条(本サービスの一時的な中断)
1.コメダは、次のいずれかに該当するとコメダが判断した場合には、会員への事前の通知、承諾なく、一時的に本サービスを中断できるものとします。
①保守管理を定期的に、または緊急に行う場合
②火災、停電などにより本サービスが提供できなくなった場合
③地震、洪水、津波などの天災により、本サービスが提供できなくなった場合
④戦争、動乱、暴動、労働協議などにより本サービスが提供できなくなった場合
⑤その他、運用上ないし技術上の理由から、コメダが本サービスの一時的中断を必要と判断した場合
2.コメダは、上記または上記以外の理由によって、本サービスの提供の遅延および中断などが発生した場合、あるいはそれに起因する、会員または第三者が被った損害について、一切の責任を負わないこととします。
  
第23条(本サービスの変更、追加、中止)
1.コメダは会員への事前の通知、承諾を要せずに、本サービスの提供条件、運用規則、その他本サービスの内容に関する内容の全部または一部について、変更、追加、中止することができ、会員はこれを承諾するものとします。
2.サービスの変更・中止に伴い、会員に不利益や損害が発生した場合、コメダは一切の責任を負わないものとします。
  
第24条(委託)
1.コメダは、本組織の運営または本サービスの利用に関する業務の全部または一部を業者(以下、「委託業者」といいます。)に委託することができ、会員はこれを了承するものとします。
2.前項の場合、コメダは、委託業者との間に機密保持契約を締結しこれを遵守させるとともに、本規約に定めるのと同等の注意をもって登録情報を使用させるものとします。
 
第25条(本規約およびその他の規約等の有効性)
本規約およびその他の規約等の規定の一部が法令に基づきまたは会員との間で無効と判断されても、本規約の残りの規定の有効性、適法性及び強制可能性は、そのことにより一切影響を受けずまたは損なわれません。

第26条(準拠法と合意管轄)
1.本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
2.会員とコメダの間で本規約につき訴訟の必要が生じた場合は、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることを合意するものとします。

 

2019年12月1日制定
株式会社コメダ