さんかく屋根の下

読みもの

集まれ!コメダ好きクリエイター|編み物クリエイター ベルンド・ケストラーさん【復刻記事】

コメダの「くつろぎ」の空間は、クリエイティブな発想やアイデアを練る時間にもぴったり。そこで、全国のコメダ好きのクリエイターさんに取材をし、コメダでの過ごし方を教えていただく企画を始めます。

今回ご紹介するのは、「コメダで過ごす時間に編み物をしている」という、編み物クリエイターのベルンド・ケストラーさんです。

クリエイター紹介


編み物クリエイター ベルンド・ケストラー(Bernd Kestler)さん

ドイツ・ダルムシュタット(Darmstadt)生まれ。12歳の頃から本を見ながら独学で編み物を開始。仕事で来日してからも、居住地の名古屋を中心に日本各地で編み物教室を開催。コロナ禍ではオンラインワークショップを開催しています。


 

「編み物教室の前に、コメダでモーニングを食べるのが習慣」

コメダとの最初の出会いは、名古屋で友人に連れて行ってもらったのがきっかけ。
それ以降、自身が主宰する編み物教室の前に、早めに出かけてコメダでモーニングを食べるのが習慣になったといいます。
コメダブレンドに、いちごジャムのトーストとゆで玉子がケストラーさんの定番モーニングです。

「ドイツでは、男性にも編み物が人気!」

12歳の頃から、本を見ながら独学でかれこれ40年近く編み物を続けているというケストラーさん。ドイツでは、男性にも編み物の人気が高く、学校のクラスの中に3~4人は編み物男子がいるそうです。

「最初は他の仕事で日本に来たが、編み物への集中力・忍耐力・発想などは仕事への忍耐力、マネジメントにも良い効果があった」と語ります。

現在では、ドイツの伝統的な編み物の手法や、オリジナルの編み方も教室で教えているほか、これまでに7冊の本も出版しています。
 

「コメダおじさんをイメージした、マグカップ用のニットカバー」

ケストラーさんは、コメダおじさんをイメージして、マグカップ用のニットカバーも制作。いつも飲んでいるコメダブレンドのコーヒーカップの、コメダおじさんとネクタイをイメージしたそう。キュートな手がついているのがポイント!

※ケストラーさんの作品は、Instagramでも紹介されています。
 

「コメダでのくつろぎの時間は、新しいアイデアが生まれやすい」

コメダの空間は静かで、テーブルが広く、店内が明るいことも気に入っているポイントだそう。編み物には、周りの空間の明るさが大事なのだとか。

そんな、コメダのくつろぎ空間で編み物と向き合うことで「新しいアイデアが生まれやすい。今日も新たに2つの編み方を思いついた。」と語ります。

「趣味でオートバイのツーリングをしていても、私にはコメダレーダーがついているので、すぐにコメダの看板を見つけるんです。休憩しながら、毛糸を取り出して隙間時間に編んでいます。」
そう笑いながら、コメダで作られた作品を見せてくださいました。

これからも、コメダのくつろぎ空間でユニークな作品を生み出すケストラーさんの活動に注目です。
 

追記:2022年1月28日

ケストラーさんから、新作の写真が届きました。

かわいいのでぜひご覧ください。
 

=========
こちらは復刻記事として、リニューアル前のさんかく屋根の下で公開されていた、過去の記事を紹介しております。

いいね いいね
この投稿を共有する
閉じる
返信する
8件の返信 (新着順)
ペペコ
2022/10/13 21:45

なー
ペペコ
なー
ばたさん
2022/10/12 23:12
みいーちゃん谷山
2022/10/12 09:06

みいーちゃん谷山
イシガミ
2022/10/12 08:11
けんじ
2022/10/12 07:59
ユウコ
2022/10/11 19:38
kaolin
2022/10/11 18:50
kazu
2022/10/11 18:19